センター長あいさつ

チーム医療の世界共通言語、それが医科学です

「疾病や障害を持つ、悩める人々の役に立ちたい。ともに病気や不具合と闘い、元気な身体と心を取り戻す“力”になりたい。」この願いの実現の為に、古今東西の先人たちが血の滲むような努力を傾け、知恵と経験を重ねてきた汗と涙の結晶、それが生命医科学や医学です。これは全ての医療専門職の学問的な共通基盤であり、医療現場が求めるチーム医療の共通言語です。

同時に、医科学は、実践・研究・教育のサイクルを介して、激動の世界を視野に入れつつも私たちが生きる地域を見つめる、新陳代謝が激しい世界でもあります。私たち医科学センターの教員は、このダイナミックな世界を、皆さんにご案内いたします。

生命(いのち)を科学する、“医科学”という世界から得られる感動は、将来、皆さんが医療現場で活躍される日を迎えたとき、皆さんの知恵と勇気の原動力になるはずです。

皆さんと共に学び、研究する事を、楽しみにしています。次の、更に次の世代へと希望のバトンを繋げてゆくために。

医科学センター長 山口直人